スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブレポートVol.4 (6/21)♪

『第4回東京うたの日コンサート』 終幕いたしました!
お越し頂いた皆さま、そして”心は東京うたの日とともにあったよ♪”と、
遠くから想いを届けて下さっていた皆さま、誠にありがとうございました!

最終日(6/21)のライブレポートをお届けいたします。
【会場:渋谷CLUB QUATTRO】

BEGIN_01Eisho BEGIN_04ALL_small
BEGIN_05Masaru BEGIN_06Hitoshi_small Shimoji_02
上段:比嘉栄昇(BEGIN)、花田千草+比嘉栄昇+下地勇
下段:島袋優(BEGIN)、上地等(BEGIN)、下地勇
撮影:CHINATSU OHFUSA
*********************

開演20分前のQUATTRO。
すでに多くのお客さんであふれかえっていた。

ほぼ予定通りの時刻、18時に幕が上がる。
トップバッターは、今野均ストリングス+山本隆太(Pf)。
美しいヴァイオリンとチェロの音色に、ピアノがやさしく寄り添う。
郷愁漂う”故郷”から”春の小川”、そして”テネシーワルツ”と
美しい旋律が会場に響き渡る。

続いて、下地勇、登場。”テネシーワルツ”を歌いつなぎ、
ステージは、ギターを抱え歌う下地勇へと手渡された。
沖縄・宮古島の方言での歌に、お客さんは、驚き、微笑み、
いつしか心奪われていた。MCでの<宮古島方言講座>に
笑い声がおこり、激しくつま弾くギターの音色に耳を傾けるひと時。
下地のステージ最後は、島袋優(BEGIN)、山本隆太が加わり、
「新品上等伝説」をセッション。息のあったプレイをみせた。

3番手は、『東京うたの日コンサート』のために結成された
スペシャルバンド、BYG BLUES BANDの登場。昨日に続き、
黒い衣装にサングラスといったいでたちで、BLUESを奏でる。
最初に現れたボーカリストは、BLUES BANDの紅一点、花田千草(松千)。
「星影の小路」「長崎の鐘」を、昭和の情緒豊かに歌いあげる。
続いては「伊勢佐木町ブルース」。これを下地がお色気たっぷりに(?!)
歌い、観客をわかせる。そのまま、シモブクレコード名義の「明日は
明日の風が吹く」へなだれこむ。輪唱スタイルの曲に、お客さんは
大喜びで歌う。そして、BLUES BAND、最後に登場したのは、
比嘉栄昇(BEGIN)。圧倒的な存在感を放ちながらも、可愛いらしい
”Japanese Rumba”で、会場を和ませた。

そして…
『東京うたの日コンサート』とりを務めたのは、BEGIN。
この日のテーマ<日本のうた>をもとに、BEGINが選んだのは、
「椰子の実」「憧れのハワイ航路」「お嫁においで」。うたと一緒に
潮風の匂いが渋谷に運ばれてくる。その後は、「オジー自慢の
オリオンビール」「島人ぬ宝」などで、ぐいぐいお客さんのボルテージが
あがっていく。途中、今野均ストリングスが加わり、ひと味違う彩りで
これまた観客を魅了する。「ボトル二本とチョコレート」では、BLACK
BOTTOM BRASS BAND、花田千種、下地勇、山本隆太らを呼び込み、
熱~く長~いセッション(体内時計で16分ほど)が続いた。
最後の最後は…、坂本九の名曲「見上げてごらん夜の星を」で終幕。

終演は、午後9時。
「もっとたってるかと思った~」と満員のお客さんが上気した顔で
階段を下りていく。濃厚なうた漬けの日々がこれで終わりを迎えた。

BEGIN_07Chigusa_small Konno_01 
BEGIN_03BB_small Shimoji_01
END_04_small 0621END_03_small
BBBB_9YassyTateUp BBBB_Tamotsu

上段:花田千草+比嘉栄昇(BEGIN)+OJI(BBBB)、今野均ストリングス
二段目:比嘉栄昇+KOO+ANTON(BBBB)+島袋優(BEGIN)、下地勇+島袋優(BEGIN)
三段目:BYG BLUES BAND  下段:YASSY、TAMOTSU(BBBB)
撮影:CHINATSU OHFUSA

*********************

打ち上げで、BLACK BOTTOM BRASS BANDのYASSYが言った。
「来年も呼んでもらえるように、頑張ります!」と。
もう来年の『東京うたの日コンサート』は始まっているのかもしれない。

ご来場の皆様、ありがとうございました!
また来年、『東京うたの日』でお会いましょう!

See you next Song's day.....♪
スポンサーサイト

ライブレポート第3弾♪≪6月20日(土)≫

『第4回東京うたの日コンサート』、3日目も無事に終えることができました。
来て下さった(参加して下さった)皆様、誠にありがとうございます!
3日目(6/20 会場:渋谷CLUB QUATTRO)のライブの模様をお伝えします。

BBB_Masaru3 BBB_Shimoji
BBB_Okamoto_2 BBB_Rikuo 
RIKUO_02Tate Fumido_02Watari Sada_01tate

上段:島袋優(G)+高橋"Jr"知治(B)、 下地勇
中段:岡本定義、山本隆太+リクオ -以上 BYG BLUES BAND-
下段:リクオ、渡和久(風味堂)、岡本定義(COIL)


********************

6月20日(土)の渋谷CLUB QUATTRO、オープニングを飾ったのは、
『東京うたの日コンサート』のために結成されたスペシャルバンド、
BYG BLUES BAND。ずらっと並んだメンバーの服装は黒・黒・黒…。
(もちろん、BLUES BROTHERSを意識して) 上地等が奏でるピアノの
旋律から、BLUES BANDの演奏が始まった。ホーンを加えたゴージャスな
ブルースバンドの音色が会場に響き渡る。2曲演奏の後は、シンガーの登場。
下地勇は"Like a rolling stone"、渡和久(風味堂)は"ワインレッドの心"、
岡本定義(COIL)は"Jumpin'Jack Flash"、そして、リクオは"Bring it on
hometown"を披露する。豪華かつ異色なメンバーでのミラクルセッション!
客席もステージ上も音楽を味わう喜びにあふれていた。

続いては、リクオバンドの登場。ピアノ、ベース、パーカッションという構成。
リクオ得意の日本語ポップスを聴かせ、拍手やコーラスでオーディエンスとの
一体感を高めていく。ラストは、清志郎と一緒に作ったというナンバー
「胸が痛いよ」。ピアノを弾き、言葉を紡ぎ、想いをのせて歌うリクオの歌声に
会場がしんと静まり返った。

3番手は、スリーピースバンドの風味堂だ。BLACK BOTTOM BRASS BANDと
ベース鳥口とのセッションで幕が開ける。ドラムが加わり、ピアノが入り、
そのままペースをぐいぐい上げ、一気に会場のボルテージをあげた。3人の
気合いの入ったステージに、QUATTROが揺れる。最後のナンバーでは
BYGの兄貴、BEGINの島袋優(G)が参加、他ではありえない貴重なセッションを
魅せた。

『東京うたの日コンサート』 3日目のとりを務めたのは岡本定義(COIL)。
ギターをかき鳴らし歌う岡本のポップな歌が、会場にキラキラと降り注いだ。
グルーヴィなサウンド、岡本から放たれた詩の世界に、観客がひたる。
最後は、山本隆太(Pf)が登場し、ギターとピアノが絶妙なバランスで寄り添う
素敵なセッションを聴かせてくれた。

アンコールは、再び、BYG BLUES BANDが登場。ステージいっぱいに、
ミュージシャンが並び、"Daydream Believer"を歌った。天国で清志郎が
微笑んでいるようなそんな気がした。

*BYG BLUES BAND…上地等(Pf)、島袋優(G)(BEGIN)、山本隆太(Pf)、
高橋"Jr"知治(B)、IGGY、KOO、MONKEY、YASSY、OJI、ANTON(BLACK
BOTTOM BRASS BAND)+岡本定義、下地勇、リクオ、渡和久(Vo)

Fumido_033shot BBB_Watari3_small
Sada_02 RIKUO_013shot
0620End_01 0620END_03_small

上段:風味堂、渡和久(BYG BLUES BAND)
中段:岡本定義、リクオバンド  下段:BYG BLUES BAND
撮影:CHINATSU OHFUSA

『第4回東京うたの日コンサート』は、いよいよ6月21日(日)まで。
もう1日、うたを楽しみましょう♪ 会場は、渋谷CLUB QUATTRO、
BYG、7th floorの3会場です。 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

ライブレポート第2弾(6/19(金))♪

ここでは、昨日6月19日(金)に行われた『東京うたの日コンサート』の
模様をお届けいたします。【会場:渋谷CLUB QUATTRO】

KURO_02 MATSU01
SPARTA_01 ENKEN_03 

上段:黒猫チェルシー、Bye Bye Blue(松千+桜子)
下段:SPARTA LOCALS、遠藤賢司+森信行

*********************

2日目のトップバッターは、未成年バンド「黒猫チェルシー」。
ボーカル、渡辺大知がバナナを食べながらステージに登場。
ギターをかきならし、激しく歌い叫ぶ。ベースはうねり、ドラムは
言葉にならない欲求を音にかえて叩く。どうにもならない気持ちがあって、
エネルギーがあって、でもそれをどこに発射すればいいかわからないから
音楽にぶつける。「黒猫チェルシー」の熱い発射音を、観客は、丸ごと
心と体で受け止めている様に見えた。

続いては、急遽参加が決まった新ユニット「Bye Bye Blue」の登場。
松千+山本隆太(P)+桜子(Violin)という異色の組み合わせで、
会場を和ませる。この日のために書き下ろしたというアイリッシュ風の
インスト「BLACK ORION」は、桜子のキュートなヴァイオリンとマッチし
会場のQUATTROに爽やかな風が吹き抜けた。

3番手は、SPARTA LOCALS!再び、QUATTROを爆音ロック街道へと
誘った。次々とくりだされるロックなサウンドに、観客が揺れる踊る跳ねる。
時折見せるボーカル安部コウセイのコケティッシュな表情に、
笑いが起きながらも、SPARTA LOCALSは一気に温度を上げ、体温を上げ、
湿度を上げ、ロック街道を駆け抜けていった。

19日(土)のトリは、ベテラン遠藤賢司だ。
ひとりギターをもち、椅子に座る。と、激しいギター音が響き、観客は、
エンケンワールドへと連れて行かれる。「あれ、ひとりだよね?!」…と
呟きたくなるほど、分厚い音、魂のこもったうた、音色、響き。
情景が見えてくる「エンケンの世界」をうつしだした後は、森信行(Ds)を
迎えての演奏。祭りのリズムとロックが融合し、魂の叫び、ギター音が弾ける。
途中、エンケンは客席に下り、観客の間を踊り練り歩いた。声にならないほどの
かすかな祭りの気分が、客席の間をさざ波のように伝わる。
「音楽だけは、ちゃんとやってきたんだ」そう語るエンケンの言葉に、歌に
心動かされ、アンコールが起きた。

***************************

KURO_01 SPARTA_02
ENKEN_01 MATSU03
ENKEN_02 RYUTA_02_UP ENEKEN_4
 
上段:黒猫チェルシー、SPARTA LOCALS
中段:遠藤賢司、Bye Bye Blue(山本隆太、花田千草、桜子、松本健太)
下段:遠藤賢司、山本隆太
撮影:CHINATSU OHFUSA

来て下さった皆様、誠にありがとうございます!
『第4回東京うたの日コンサート』は6月21日(日)まで続きます。
会場は、CLUB QUATTRO、BYG、7th floorの三会場です。
最後まで、たっぷりお楽しみください♪

21日(日)CLUB QUATTRO公演 SOLD OUT !

 『東京うたの日コンサート』の最終日、6月21日(日)
 渋谷CLUB QUATTROのチケットが売り切れとなりました。
 誠にありがとうございます!
 
 渋谷で、「うたの日」を楽しみましょう♪♪
 ご来場をお待ちしております。

『東京うたの日コンサート』開幕!!

『第4回東京うたの日コンサート』が昨日(6/18)開幕いたしました!


BBBB_07Monkey KODAMA_03
ZAZEN_04 BBBB_5OjiUp

2009.6.18(Mon) 渋谷CLUB QUATTRO
上段 Monkey (BLACK BOTTOM BRASS BAND)、こだま和文 
下段 ZAZEN BOYS、OJI(BLACK BOTTOM BRASS BAND)

初日(6/18)のライブレポートをお届けいたします。

**********************
初日、CLUB QUATTROに登場したのは3組のアーティスト、
BLACK BOTTOM BRASS BAND、こだま和文 from DUB STATION、
ZAZEN BOYS。表現する音楽や演奏スタイルに違いはあるけれど、
いずれも骨太な音楽、そして「うた」を聞かせてくれた。

『東京うたの日コンサート』のオープニングを飾ったのは、
BLACK BOTTOM BRASS BAND。観客の間を陽気にパレードしながら、
高らかに『東京うたの日』の始まりを告げた。
サックス、トランペット、ドラム、スーザフォンが、空気を揺らす。
息は音となり、力強くしなやかな彼らの音が、観客に降り注いだ。

続く、こだま和文(from DUB STATION)は、DJ YABBYとのステージ。
トランペット片手に立つ姿には、ベテランの存在感、風格が漂う。
DJがくりだす音の波にのり、なめらかなトランペットの音色が、
会場の隅々にまで届き、観客は心地よいバイブレーションに揺れていた。

最後に登場したのは、ZAZEN BOYS。
昨年まで向井秀徳がソロで参加していたが、今年は、ZAZEN BOYSと
して登場し、重厚なバンドサウンドをCLUB QUATTROに響かせた。
メローなメロディから一転して、高速超絶技巧の音がうねる。
自由自在に音をあやつり音の渦を生み出すZAZEN BOYSに、
観客は身も心もゆだね酔いしれ翻弄された。

3組のライブパフォーマンスが終わり、客席に明かりが灯る。
司会の小島麻子が、今夜の祭りの終わりを告げる。
淋しいような切ないような気持ちをかかえ出口へ向かう。
大丈夫、明日も祭りは続く。「また明日お会いしましょう」


**********************

『第4回東京うたの日』は6月21日(日)までの開催です。
あなたのお越しを心よりお待ちしております!

BBBB_4KOO KODAMA_01
BBBB_02All ZAZEN_01
上段 KOO(BLACK BOTTOM BRASS BAND),こだま和文 
下段 BLACK BOTTOM BRASS BAND、ZAZEN BOYS
撮影:YUI KUROSE





 

東京うたの日コンサート♪

《 第4回 東京うたの日コンサート 》

<出 演>

 ☆ 6/18 (木) ~音楽を体でめいっぱい感じたい~

 ZAZEN BOYS / こだま和文 from DUB STATION /BLACK BOTTOM BRASS BAND

  
 ☆6/19 (金) ~抑えきれない衝動が音楽だ~

 遠藤賢司+森信行(Dr) / SPARTA LOCALS / 黒猫チェルシー
 
 
 ☆6/20 (土) ~うたとピアノが絡み合う極上のポップス~

 風味堂 / 岡本定義(COIL) / リクオBAND(寺岡信芳B.、朝倉真司Perc)
  and BYG BLUES BAND … 島袋優G.上地等Pf,木村OJI純士Dr, 高橋"Jr."知治B,
山本隆太Pf,下地勇Vo.岡本定義Vo, 渡和久Vo. リクオVo.BBBB Horns

 
 ☆6/21(日) ~沖縄の風が吹いてくる?!~

  BEGIN / 下地勇 / 今野均ストリングス
  and BYG BLUES BAND … 島袋優G. 上地等Pf. 木村OJI純士D. 高橋"Jr."知治B.
山本隆太Pf.、花田千草Vo.比嘉栄昇Vo.BBBB Horns

BEGIN_small.jpg


      
     ○会 場 『渋谷 CLUB QUATTRO』
         
     ○日 時 2009年 6月 18日(木) 18:00開場/19:00開演      
               6月 19日(金) 18:00開場/19:00開演      
               6月 20日(土) 17:00開場/18:00開演      
              6月 21日(日) 17:00開場/18:00開演
     
     ○料金(各日) 前売 \3,500/当日\4,000(税込/整理番号付)+ドリンク代\500  
      
      ○ BYG店頭販売あります       
     
        まずはお問合せ: BYG 03-3461-8574 へどうぞ♪ (18:00~)

      CLUB QUATTRO 03-3477-8750 http://www.club-quattro.com      

      発売所
      ・チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード322-022)      
      ・ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:79103)  
      ・e+(イープラス):http://eplus.jp     
      ・CLUB QUATTRO 店頭  


   

大事なお知らせ!!

東京うたの日(会場:渋谷クアトロ)の6月19日(金)に出演予定だった
BLEACHですが、急遽、解散するとの通知が届きました。
よって、BLEACHは出演することができなくなりました。
申し訳ございません。この件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
問い合わせ:ハイウェーブ 03-5433-4326
  
*尚、6月19日(金)(会場:クラブクアトロ)には、新しいBYGのユニット
(山本隆太、松千、早稲田桜子)が出演いたします。
新しいユニット名は追って発表いたします。

もうすぐ始まりますよ~♪

『東京うたの日コンサート』まもなく開幕いたします。
どきどきしますね。さて『東京うたの日コンサート』の楽しみのひとつが、
ミュージシャン同士のセッションです。「はい、一組目ライブ終わり~
次のアーティストのライブはじまり~」ではなくて、出演者が音楽で
バトンを渡していくことを大事にしています。

特に、今年は、BYG BLUES BANDが結成され(20日、21日出演@CLUB QUATTRO)、
さまざまなボーカリストを迎えてのスペシャルセッションを予定しています。
このセッション、ほとんどリハーサル時間がないため、出演ミュージシャンは、
か・な・りドキドキしております。そんなドキドキ感もまた初々しいといいますか…
見る側には、”くぅ~、たまらない!!”わけです。

さて、先日、BYG BLUES BANDの核になるメンバーが集まり、
BYGで音あわせやら、アレンジやら、あれこれやっておりました。
本番は、いったいどんなミラクルセッションとなるでしょうか~♪
どうぞ、お楽しみに♪♪

リハーサル
↑なんとも男らしい姿でのリハーサル♪
OJI & IGGY from BLACK BOTTOM BRASS BAND
島袋優 & 上地等 from BEGIN + 山本隆太

RIKUOさんの登場~♪

音楽インタビューの第5楽章を奏でて頂くのは、この人!
BYG音楽に欠かせない大切なピアノマン、リクオさんです♪

☆リクオさんは、『東京うたの日コンサート』6月20日(土)に
CLUB QUATTROに出演致します。

Rikuo

Q:ピアノとの出会いはいつですか?
A:母が幼少の頃弾いたと思われる古いアップライトのピアノが家にあった。
たまにピアノに向かう母の姿が眩しかった。そして、小学校四年生の時に
近くに音大に通う女子大生にピアノを教えてもらうようになった。部屋を
抜ける微風にサラサラの髪が揺れ甘い香りがする素敵な人でした。
ピアノの出会いとかさなるほろあまい思い出です。

Q:ずばり好きなタイプは?
A:想像力を刺激する人。知性と野生を兼ね備えた人。


Q:もし好きなタイプの方に出会ったらどうする?
A:まずはお話から始め、ピアノでラブソングを奏でて恋の気分にさせていきます。

Q:リクオさんにとって「音楽と女性の関連性」は?
A切っても切り離せない。ともに如何に共感共鳴を共有するかです。

Q:どんなミュージシャンでありたいか。
A:いつまでもときめきを持ち続けたい。

Q:.リクオさんにとって、「東京うたの日」は?
A:音楽で人の繋がりを実感し会話出来る場所。世代とジャンルを超えて
楽しめるイベント。長く続けいきたい。

Q:リクオさんにとって、BYGはどんなところ?
A:ホームグランド。

Q:リクオさんから見たオーナーは?
A:嘘のない人。

ありがとうございます♪
20日(土)、素晴らしいパフォーマンス、
心に響くうたを楽しみにしたいと思います。

渋谷FMに出演いたしました♪

『東京うたの日コンサート』の特集をしてくださる!ということで、
BLACK BOTTOM BRASS BANDのKOOさんとYASSYさんが、
渋谷FMのスタジオにおじゃましてきました♪
 【放送は6月12日(金)でした】

ShibuyaFM1

番組は「SHIBUYA VILLAGE VOICE(毎週月~金:11:00~12:00)」です。
DJは『東京うたの日コンサート』で毎年司会を務めている小島麻子さんです♪ 
なごやか~なムードの中で、『東京うたの日コンサート』のこれまでのエピソードや
今年の見どころなど、たっぷりお話させていただきました。

SHIBUYA FMの方、そして、小島麻子さん、ありがとうございましたっ!
また『東京うたの日コンサート』のご報告も、後日この番組で行われる予定です。
『東京うたの日コンサート』の出演アーティストの楽屋の声なども流れる予定とか?!
どうぞ、お楽しみに♪

ShibuyaFM2
↑ 無事に終わった~! の三人で♪


BBBBインタビュー Vol.2

「東京うたの日コンサート」開催直前となりました!!
明日から「東京うたの日コンサート」をにぎやかに盛り上げてくれる
BLACK BOTTOM BRASS BANDのお兄さん方の音楽インタビューVol.2を
お届けします~♪


BLACK BOTTOM BRASS BAND

Monky(Sax)…M ヤッシー番長(Tb)…ヤ
たもつくん(Sousa)…T Anton(Ds)…A

Monky      yassy
↑Anton             ↑ヤッシー


Q:楽器との出会いはいつでしたか?
M:中学校一年の時テニスでは才能が無いと思い知り
綺麗な顧問の先生の勧めで、つい吹奏楽部に入ってからです。
ヤ;中学校一年の時、先輩がかっこよく吹いているのを見て
ブラスバンド部に入部したのがきっかけです。
T:ボーイスカウトのブラスバンドでチューバに出会いました。引き続き
中学に入ってもブラスバンド部で吹いていました。その後、ブラスの先生だった
ヤッシーに引きずり込まれました。
A:高校時代のバンドブームの時にロックバンドでドラムを叩いていました。
当時のドラムの先生の紹介でブラックに入りました。


Q:あなにとって音楽とは?
M:生き方をおしえてくれた欠かせないもの。空気みたいに自然体でいられる。
ヤ;人生を豊かにしてくれる、死ぬまで仲良く付き合っていきたい。
気苦労が多い分、楽しみが倍加される。
T:生きるための手段とエネルギーは。
A:奥が深いエンドレスな遊び。あえて遊びだと思いたい、
遊び心がないと生きた音にならない。


Q:ズバリ、好きなタイプは?
M:秋吉久美子。色黒で背の高く淡白でさっぱりした人。
ヤ;笑顔が可愛い人。
T:笑顔が可愛い人。
A:悪女。

Q:好きなタイプの方に出会ったらどうします?
M:情熱を持って直接的にダイレクトに攻める。当って砕けろスプリットです。
ヤ;フランクに話しかけながらゆっくり観察して攻める。ほれっぽく、すぐ好きになる。
T:まず飲みに誘います。酒の力を借りて口説きます。
A:直球勝負。


Q:あなたが思う「音楽と女性の関連性」は?
M:うつくしいメロディーをいただいてます。
ヤ;好きな女性のイマジネーションで音が広がる。
T:演奏の音に深く影響する。
A:とても近く重なる。


Q:どんなミュージシャンでありたいですか?
M:かっこ良くクールに吹いて長く楽しんでいたい、
自己表現が百パーセントできるプレイヤーを目指す。
ヤ;感謝の気持ちが音になるように、また音から愛が伝わるプレイヤーになりたい。
T:音的に懐の深いミュージシャンでいたい。
A:存在感があって個性的なプレイヤーでありたい。


Q:.あなたにとって「東京うたの日」とは?
M:音楽の内容がとても濃い。
毎年BBBBののイベントとしてぐらいの意志を持って続けていきたいです。
ヤ;大きな存在、いいプレイをしたい。大事なフィールドでBYG音楽仲間と一緒に
長く続けていきたい。スタッフとしても入り年々広げていきたい。
T:純粋に音楽を楽しめる。家族のようです。長く続けていきたい。
A:もっと参加したい。自分たちのイベントと云う意識を強く持って続けいきたい。


Q:あなたにとってBYGはどんなところですか?
M:東京の家。
ヤ;家。
T:東京の家。音楽の家。
A:東京のホーム。ホームグランドだが甘やかしてくれない。
成長させてくれるところ。


Q:あなたにとってオーナーは?
M:チャーミング。
ヤ;素晴らしい。
T:父のような人。
A:こわいけど優しい人。

ありがとうございます♪
BBBBは、BYG BLUES BANDにも参加していますので、
21日(日)までたっぷりその雄姿、演奏を楽しみましょう♪

Tamotsu  Anton
↑ たもつくん           ↑Anton


BBBBインタビュー♪

BYG音楽仲間の皆さんへのインタビューシリーズも
今回で四組目。四楽章を奏でてくれるのは…、今年も
「東京うたの日コンサート」を盛り上げてくること必至の
ファンキーなBLACK BOTTOM BRASS BANDのお兄さん方です!

BBBB_utanohi


では…インタビュー順に載せていきます!!

☆KOOちゃん(トランペット)…K   OJI さま(Drum)…O 
  IGGY先生(sax)…I


Q:楽器との出会いは?
K:父親がクラブやキャバレーでトランペットを吹いていて、
家のなかでいつも近くにペットがあった。父親えの憧れとペットの魅力が
重なって自然と吹くようになった。本格的に吹き出したのは中学生の
ブラスバンド部からです。
O:父親がニューオリンズ・ジャズの先駆者のドラマーで今も現役で叩いています。
そんな訳でいつも家にはドラムがセットされていたので自然と馴染んでいった。
いたずらしていたが本格的に叩いたのは小学生四年生の頃からです。
I :中学校で入った吹奏楽部で出会う、以来長く馴染んでいますが音の出方はまだまだ、
今も求めています。

Q:あなにとって音楽とは?
K:心の食べ物、ないと生きていけない。
O:生きて行くためになくてはならないエネルギーです。
ご指摘の通り女性も同じです。
I :主食ではない副食、あれば人生が穏やかで豊になる。

Q:ずばり好きなタイプは?
K:好きになった人。意志がはっきりした人。
O:ビジュアル的にはラテン系の人が好みです。過去の経験から優しく
穏やかな方がいいです。
I :明るくて頭のいい人。

Q:過去の経験からとは?もっと詳しく…
O:思い出したくもありません。

Q:もし、好きなタイプの人に出会ったら、どうする?
K:果敢に攻めたおします、ただし脈がないと深追いはしません。
かなり速攻型です、早打ちではありません。
O:まず話かけるきっかけを作り反応をみます。攻めはそれからゆっくり
です。外堀埋めるのに時間かかりそうで、その間逃げられそうですね…
I :まずは共通の話題を見つけて話します。自分のペースに持ち込みます。


Q:あなたにとって、「音楽と女性の関連性」は?
K:表裏一体深い結びつきがある、大いに創作に影響します。
良ければラブソングに落ち込めばブルースに。
O:女性のおかげで艶のある演奏ができる。スティック捌きも冴えてきますね。
I :恋愛の状況が音を創る、ふられた時は真のエレジーが生まれる。

Q:どんなミュージシャンでありたいですか?
K:お客様を充分楽しませ表現力豊かな幅の広いプレイヤーで
ありたい。広さはロッソからマイルスまで。
O:世代を超えていい音楽を伝え残していきたいです。
I :プレイヤーの枠を超えて幅と奥行きがある音楽活動をしていきたい。

Q:あなたにとって、『東京うたの日』とは?
K:宝だと思います。大切な音楽のフィールド、自分たちの音楽祭
としての自覚をもち長く続けていきたい。
O:長く大切にしていきたい。
I :やりがいのあるコンサート。自分達のコンサートという意識を持って長く続けていきたいです。

Q:あなたにとってはどんなトコロ?
K:東京の家です。
O:第二のふるさと。BBBBのホームグラウンド。
I :音楽の家。すべてを映してしまう鏡みたいなマジカルな場所。

Q:あなたにとって、オーナーはどんなヒト?
K:オヤジ。もっと遊びをおしえてほしい。
O:父のように思ってます。
I :東京の父。

…ということで、愛すべきBBBBの三人のお兄さん方の登場でした。
続きもどうぞお楽しみに。

尚、BBBBは、18日、20日、21日と3日間渋谷のQUATTRO会場に
出演致します。今年も、各ミュージシャンとの奇跡のセッションが
見られることでしょう~♪

↓KOO
KOO-chan OJI  Iggy

                 ↑OJI         ↑IGGY
 

東京うたの日会場7thfloor決定

6/18(thu)
18:30/19:00
\2.500/\3.000+1drink
ネタンダーズ/CaSSETTE CON-LOS

6/19(fri)
18:30/19:00
\2.500/\3.000+1drink
saigenji / 安宅浩司 / 角森隆浩withダイナミックオーシャンズ / Op-act イサカヨシタカ

6/20(sat)
18:00/18:30
\2.500/\3.000+1drink
SUIKA / ALOHA / 今野英明with安宅浩司 / DJ ケンタウロス(フロムヨコハマ) / Op-act 寺前未来

6/21(sun)
18:00/19:00
\2.500/\3.000+1drink
カンザスシティーバンド / 黒船レディーと銀星楽団

※23:00〜29:00大人のミッドナイトショウfeat.円山町歌謡夜話
DJ 下田卓(fromカンザスシティーバンド)/DJ VIVA☆吉永 / DJ hb/and more..
BYGとQUATTROのチケットの半券をお持ちのお客様はドリンク代のみでご入場頂けます。

詳細は7thfloorにお問い合わせください:03-3462-8574

 | BLOG TOP | 

紹介

東京うたの日コンサート

Author:東京うたの日コンサート

6月24日は『うた』に感謝し
お祝いする「うたの日」。
2001年にBEGINが沖縄で始めた
「うたの日コンサートが、東京にも広がり、2006年
『第1回東京うたの日コンサート』
として開催されました。
そして、今年2015年も、渋谷
の老舗ライブハウスB.Y.Gを
活動の拠点とするミュージ
シャンが集まり、『第10回
東京うたの日コンサート』が、
開催されます!!

最近の記事

カテゴリー

リンク

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

QRコード

QRコード

ブログ内検索

アクセス数

総アクセス数


現在のアクセス数
:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。